【下着の値段は女の価値を表す】あなたが自分につけた値段です

こんにちは 伊藤です。

今日は女の盲点「下着」についてお話しいたいと思います!下着ブログは毎度皆さんから多くの反響をいただきます。書く人少ないですもんねー

下着を選ぶ際。

みなさんどういった視点で選びますか?

自分の好み?それとも男性目線?

それとも補正効果?値段?

私は「男性目線」。なので服装とは真逆です!思い切り女っぽいものを。これはね!いつまでも「愛する男性に大切にされるための知恵」ではないかと思うんです。まじめに。ボディーメイクもそうだし下着もそう。そこは女として外せない部分だと思うな。

みなさんも男の習性はご存知ですよね?

男性は女性のカラダが大好きです。

この習性を知ってて無頓着な人って、どうしてなんだろうって謎・・

過去にも下着についてのブログちょこちょこ書いています♩

よかったらこちらもぜひ覗いてみてね♡

下着は女の魅力を一番近くで高めてくれるもの
私といえばランジェリーブログ? こんにちは 伊藤です。 今日は久しぶりに下着の話。 なんかね、初めてお会いする方にも『...

前は「下着の買い替え時期と下着をどう捉えるか」みたいな話でしたねー

「他人には絶対に見られないからこそ”内面美”を磨くための究極のホームケアだと思う。

下着には女としての本質、本性が出る」って・・・

我ながらいいこと書いたなーーー!(笑)

今回は ”下着の値段”について書こっと。

だって「ねえ、あなたの下着っていくら?」なんて誰にも聞けないでしょう?笑

違いもよくわからないし価格もピンキリだから、いくら位のものを選んだらよいか分からないですよね、きっと。

さあ、いってみよー!笑

まさか学生時代と同じ値段とかじゃないよね?

カラダの成長というよりは、お給料の成長と合わせて買う服って変わるじゃないですか!

それと同じ、下着も成長させていますか?まさか学生の時と同じブランドとか価格帯のもの選んでたりしませんよね??というかみなさんは下着を一体どこで買ってるの?

あ。

ネットで試着もせずに買う人

ワゴンセールでって人は論外 

とさせてくださいね。

私が考えるに

「着ている服と同じくらいの価格」であればまず間違えないかと。

例えば・・


一枚1万円の服を着る人なら1万円のブラジャーを。

ショーツはだいたいブラの半分くらいだから、5千円。

一枚3万円の服を買う人なら3万円のブラジャーを。

ショーツは1万5千円。


えーーーーーーーー

服と一緒なの?!

って思った人けっこう多いと思う・・・

実際、普通はどうかわからないですよ(笑)だって私、普通じゃないんで!!!

でも下着って服と同じで毎日身につけるものだし、肌に直接触れるものだから服より大事じゃないですか?

それに自分自身をどう魅せるかという部分においては、他人に向けてどうこうというより常に視点はインナーに向けていたいというか

だからバストのサイズは決して大きくはないけれど…(笑)パット入りは使わないし寄せて上げるようなタイプも選びません。ガードルなんてもってのほかです。

だってがっかりされるのイヤじゃない?(笑)

表向き(だけ)にお金をかける人って、他人からの目を優先して気にしている人だと思う。

反対に内向きに(も)お金をかける人は、自分や近い人の目を優先している人じゃないかな。

どっちが正解ではないんだろうけどね。

話を戻しますね。

下着の値段は女の価値を表す

しかも自分が自分につけてる価値です。

自分を女としてどう評価しているかです。

あーーーー・・って、納得できるでしょう?

ということはね。。。

女として

今どう扱われているか 

が出ているのです。わかりますか?

こわーーー…(笑)

あまりにもみんな下着に無頓着なのよ。。いい年してほんとー。下着にある程度のお金かけてる人って全体の何パーセント位なんだろう・・でもごくごく僅かですよ、絶対。

いやいや、だからいいやじゃなくてね!!

だからこそ抑えましょうって思うの。

着ている服と下着の質の差が大きければ大きいほど

期待を裏切ることになりますよね

良い意味でも悪い意味でもね。

2,421 Followers, 1,056 Following, 746 Posts - See Instagram photos and videos from 伊藤 みゆき (@miyu1515)
The following two tabs change content below.
体質改善・予防医学による「ボディーコントロールリンパドレナージュ」考案者としてメディアでも多数取り上げられ、医療機関/医療科学大学にて”産前産後リンパケア”の講師活動、技術者派遣、技術指導を行う。また、オーストラリアのオーガニック認定機関ACO認定の基準をクリアした本物のメディカルアロマブランド「ボタニカルスキンケアクラブ」を立ち上げ、代替医療としてのメディカルアロマの普及活動にも取り組んでいる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする