胸もお尻もウエストも等身大の自分で

こんにちは 伊藤です。

今日も下着を絡めたカラダのお話ね!今朝はね、インスタで質問頂いたおしりのケアについて書こうと思って、おしりの形がよく分かるアイボリーのタイトスカートを着てみました。

【男性の最大の楽しみは女性を脱がすことだという事を知らないのかしら】シャネルらしい言葉です。スカート丈は膝下が美しい。終始ひざをむき出しにしているスタイルは下品で色気ゼロだと。 . シャネルに憧れる私はもちろんそのように♡シャネルはミニスカートの大流行を嫌いコレクションに加えませんでした。流行に流される事なく自分の美学を貫く姿勢がカッコいい。”ファッションは変われどスタイルは普遍”これもシャネルの有名な言葉ですよね^^ . 滅多に着ないスカートですが着る時は女性として見られたい時。要は女性を武器に使いたい時!(笑) 必殺技です。#maxmara のタイトスカートはシルエットが美しくて好き♡今日もよい1日を。 . #タイトスカートコーデ #ココシャネル #chanel #美意識#美容好きな人と繋がりたい #美容好き#キレイになりたい#産後ママ#育児ママ#産後ケア#マタニティーケア#育児ママ#美容ママ#美意識向上 #美容家#タートルネック

A post shared by 伊藤 みゆき(キキ) (@miyu1515) on

おしりの形だけじゃなくて太ももも腰まわりも丸分かりですね!で、トップスはタイトな紺タートルにしたから、胸も二の腕もウエストもどんなカラダしてるのかがよーく分かる。

スカートは膝下丈だし露出はほとんどないけれど、とても女性らしい雰囲気に。

そして言いたいことがおしりケアのことじゃなくなっちゃった!(笑)おしりケアについてはまた今度ね!

さて。

写真をみていて思ったのは『もう少し胸があった方がキレイな曲線ができるかなー』と思ったの(笑)それで多少補正効果のある下着に変えようかな…って、一瞬思ってやめた。

何でかってそれをすると”私の美意識に背くから” 胸が大きいことが女性らしく美しいことじゃないから。(無い物ねだりはしない、基本自分を全肯定するポジティブシンキングです!笑)

ランジェリーは補正効果は皆無です。寄せてもくれなければ持ち上げてもくれないし、パット入りでボリュームアップなんてもってのほか…。(笑)

下着は女の魅力を一番近くで高めてくれるもの
私といえばランジェリーブログ? こんにちは 伊藤です。 今日は久しぶりに下着の話。 なんかね、初めてお会いする方にも『...

↑ランジェリーについてはこちらを見てね♡

胸もおしりもウエストもいつも等身大!これ以上でもこれ以下でもない。(笑)

しようとは思わないけどもし補正効果の高い下着を今つけようものなら、多分自分のボディーラインじゃない!こんなに胸大っきくない!ってすごく不自然で居心地悪くなると思うんだー。

バストの位置だって、37の私が20前半のバスト位置である方がおかしいしね!不自然でしょう?なんか無理してる感があるし、顔とカラダのバランスが合わないだろうしね!

仕事柄、女性のボディーラインを良く見てます。ごめんなさい(笑)

日本の女性ってね、服を着てるのに下着の存在をすごく感じてしまうんです。見えてるわけじゃなくてシルエットで。

下着が実際に見えてるわけじゃないけど、私からしたら見えてるのと同じ。不自然というか無理してる感じする。無理して大きく見せる必要なんてないし、位置も上げなくていいように思うんだけど、みなさんはどう思う??

40代なのに20代の位置に無理くり合わせようとしてない?バストの形、ブラジャーの形になってないですか?薄いニットを着るとワイヤーやゴムのラインが響いてない?

たまにみかけるんですよ。でもそれってあまり美しくないでしょう?気をつけてみて!

下着姿の自分のカラダ見ていますか?服を着た時のバストラインやヒップラインはどう?

おしりもウエストも同じだからね。今時ガードルとか着てる人そんなにいないと思うけど、でもたまにいる!魅力感じないな〜。服着てても分かるからね。ゴツい感じするし…過去の産物。

【若々しく見せようとする事こそ若くない証拠よ】シャネルの言葉ですがその通り。

美しさとは在り方なので、どう在るかという内面的な部分が大切ですからね^^

それではまた。

The following two tabs change content below.
体質改善・予防医学による「ボディーコントロールリンパドレナージュ」考案者としてメディアでも多数取り上げられ、医療機関/医療科学大学にて”産前産後リンパケア”の講師活動、技術者派遣、技術指導を行う。また、オーストラリアのオーガニック認定機関ACO認定の基準をクリアした本物のメディカルアロマブランド「ボタニカルスキンケアクラブ」を立ち上げ、代替医療としてのメディカルアロマの普及活動にも取り組んでいる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする