下着は女の魅力を一番近くで高めてくれるもの

私といえばランジェリーブログ?

こんにちは 伊藤です。

今日は久しぶりに下着の話。

なんかね、初めてお会いする方にも『あの下着のブログみました!』とか『あのブログをみてタンガに替えました!』とか言って頂くことがとても多い。

昨日お会いした方も、まさか私のブログを読んでくれてると思わなかったんだけど『ブログ見てます。あの下着のブログよかった!』と。

下着のブログってもう随分前に書いたんですけど、皆さんにとって印象に残る記事だったんだなーって思ってね(^-^)

今つけてる下着いつ買った?

まずはここから。

下着の買い替え時期ってなかなか自分では判断しにくいですよねー。

一般的に言われる『女は男が変わると下着を買い替える』というのは誰もが納得することだと思う(笑) あるあるですよね?このタイミングなら心残りなく一新することができるしね〜(笑)でもね、それではあまりステキじゃないと思うんだよね。

1年以上下着を一枚も買ってないって人、少し美意識下がっていませんか?

2年以上買ってない人、自分のカラダ鏡で見ていますか?

3年以上買ってない人、女捨てちゃいましたか?

持ってる枚数にもよると思うけど、下着の寿命はせいぜい1〜2年だと思います。毎日使うものだし肌に直接触れるものだから痛みも早い。それに素材が薄くてデリケートだから。

傷んだり、破れたり、壊れたりしてから買うなんて事はやめましょう。おばあちゃんでもあるまいし。

あなたにとって下着って何ですか?

これ少し考えてみてください。考えてみたこともないって人も多いのかも…。とにかく隠さないといけないからという肌着的な感じになってないですか?(笑) 乳パット的な…(笑)

ワゴンセールで特価になったものを上下考えもせず、試着もせず買う人はこのタイプでしょうね。

【下着は女としての魅力を一番近くで高めてくれるものです】

他人には絶対見られないからこそ『内面美』を磨くための究極のホームケアだと思う。下着には女としての本質、本性、が出る。

私にとって下着は『自分が女であることを常に意識させてくれるもの』”色気を失わずにいられるもの”でもあるなー

私、服装はカジュアルだから下着でバランス取ります。ギャップっていいでしょ。カジュアルスタイルに中身はフレンチランジェリーとか!服よりランジェリーのが高いとかってアドバンテージ高くない?

ワコールとかトリンプとか、やめたほうがいいかも。補正とか機能性を重視してるものは全然美しくない。下着売り場じゃなくてランジェリーショップで。安くはないけど服を買ったと思えばいいでしょ?

服より大事。インナービューティー

いつまでも女であると言う意識を失わずにいること、色気を持ち続けたいと思う事は、突き詰めていくとその先に愛する男性の存在があるはずです。

愛し愛されることが私たち女にとっては一番の喜びなはず。だって女ってそう言う生き物だから!そこは素直に認めよう。素直に愛を求めることができるのは女の強さとさえ思うから。

だとしたら、愛されるための努力というか自分磨きというか、ずっと愛してもらえるようにもう少し頭を使いましょうよって思う。そのために下着の選び方はとても有効だよ!良い下着は女性のカラダを美しく見せてくれるだけじゃなくてちゃんと整えてくれるから。

日本人女性はほんと受け身だからなー。それとも何も考えてないのか… 考えれば分かることなのになぜそれでずっと愛してもらえると思うの?ってハッキリ言って疑問です。笑

男性が自分から離れられなくなるようなテクニックをもっと持ちましょう!

あ。最後に一つだけ。

愛する男性のために女を磨くのではなく、あくまで自分のために磨くんです。ここ大きな違いですからね!愛される自分になるために磨くの。

愛される自分になるためにはまず自分が自分を愛することからです。

自分を愛することができないと、愛してもらうことも難しく考えちゃうよね。こんな私で?って…。自分でさえ自分を愛せないのに自分が愛される存在になろうもしても気持ち的に無理があるもんね!

ということで、今日はとっても抽象的な記事になってしまいましたのであまり参考にはならなかったかもしれませんが、マインドを置いといてリアルを話してもね〜って感じでしょう。

下着についての記事はみんな興味があるみたいだからまた何回かに分けて書きます。

それまでに古い下着は捨てといて。

それではまた♡

The following two tabs change content below.
体質改善・予防医学による「ボディーコントロールリンパドレナージュ」考案者としてメディアでも多数取り上げられ、医療機関/医療科学大学にて”産前産後リンパケア”の講師活動、技術者派遣、技術指導を行う。また、オーストラリアのオーガニック認定機関ACO認定の基準をクリアした本物のメディカルアロマブランド「ボタニカルスキンケアクラブ」を立ち上げ、代替医療としてのメディカルアロマの普及活動にも取り組んでいる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする